こんにちは

すこやか長寿のアベです。

最近寒いせいか年のせいか分かりませんが無性にお茶にハマっていて、ふと事務所に立ち寄った時にTea Girlsのお茶シリーズのサンプルがあったので次長に土下座して全ていただいてきました。

 

それがこれ

すごくないですか?(全種類ではありません)

パッケージが可愛すぎて私みたいなのが飲んでいいのかと迷いましたが、片っ端から飲ませていただきます。

で、最初に飲んだのが「Tea Girls とっとり桑茶

結論からいうと「あー、美味しいわこれ」です。

桑茶って個人的にあまり聞いたことがなくて、なんとなく苦くてまずいってイメージがあったのですが見事に覆されました。

 

いざ、開封!

封を切ってみると中には至って普通のティーバッグが(ティーバックは別物ですのでご注意を)

それを透明なコップにドンッ!

で、お湯を注いでテーブルにボンッ!

きれい~~!(拍手)

この時点で香ばしい香りが辺りに広まり、淹れただけで映画館の上映5分前のような少し幸せな気持ちになります。

実食!

お湯が熱すぎて舌を火傷したことはおいておき、味は「これが桑茶なのか」って感じです。

ほんのりと甘み?があって、癖はなく後味がスッキリとしていて飲みやすいお茶って印象でした。

冒頭でも言った通り、うまっ!!となるわけではなく、しみじみと「あー、美味しいわこれ」と感じるお茶です。

個人的には全然嫌じゃなく、むしろ毎日これでいいです。毎日桑茶。(なんかおしゃれ)

ティーバッグは1つで3人分くらいは作れるので、急須とかに入れてみんなで飲むのがオススメです。

値段は8袋で540円(税込)でした。

少し高い気もしますが、「ノンカフェイン」なので、妊婦さんやカフェインが苦手な方には喜ばれると思います。

私は、もう少し他のメーカーの桑茶を飲んでみてリピートするかどうか決めます。

ただ、今回の件で桑茶が美味しいということが分かったのはすごく良かったです。

 

ところで桑茶ってなに?

今まで当たり前のように「桑茶、桑茶」って言ってたのですが、原材料や効能など全く分からなかったので調べました。(おい)

原材料は、飲みやすいように焙煎された鳥取県産の桑の葉です。(これは何となく分かってました)

これが桑の葉(ネットで検索するともれなく蚕の写真まで出てくるのであまりオススメしません)

桑の葉は遥か昔から蚕の餌として使われていたそうで、最近になって「糖の吸収を阻害し、食後の血糖値の上昇を抑制する」ことが明らかったになったそうです。(参照:http://www.kenkoshokuhin.jp/about_kuwaha_dnj/)

完全に糖尿病が治る!とまではいきませんが、特にストレスなく血糖値の上昇を抑制してくれるなら良いですよね。

 

ということで1,000文字以上書くと腕が腱鞘炎になる病弱な私なので第1回目の健康食品日記はここら辺で終わりたいと思います。

こんな感じで日々書いていきますので、感想等いただけると泣いて喜びます!

それでは、また次回!

Twitterをフォローしよう

おすすめの記事