健康食品との付き合い方

みなさんの周りには「健康オタク」と呼ばれる人はいますか?

これまで私自身は不摂生をものともしない人間でしたが、このブログを書かせていただくようになって、健康への焦りがわいてきました。

健康オタクの人を突き動かしているのはこの「焦り」ではないでしょうか。

身近な栄養素や病気の原因など、知れば知るほど健康な状態が奇跡のように感じます。

今回は、せっかく芽生えた健康意識が暴走しないよう、自戒の念も込めつつ健康食品との付き合い方について見ていきたいと思います。

 

健康食品の定義

すこやか長寿では自社開発を含め、健康効果をしっかりリサーチした上でさまざまな健康食品を取り寄せ販売しています。

このブログでも、過去にシリカ青汁アガベイヌリルンブβ-グルカンMCTオイルなどをご紹介してきました。

そもそも健康食品には、法律で定められた定義が存在しません。

医薬品でもなくトクホ(特定保健用食品)でもなく、厚生労働省の許可がなくても口にすることができる「健康保持・増進に資するもの」という位置づけのものです。

つまり、眉唾物から医薬品をしのぐようなものまでピンキリであって、ネットの情報や口コミで総合判断する、ある種勘頼みの面も否めない部分が存在します。

健康食品の選び方

そこで判断基準の参考にしていただきたいのが、消費者庁のホームページにある健康食品を利用するときのポイントです。

主旨としては、用法・容量から逸脱することなく、医薬品と併用する際は自己判断せずに医師の判断を仰ぎましょう、と注意喚起がされています。

すこやか長寿では、高血圧や高血糖、アレルギーの方やダイエッターにおすすめしたい健康食品をさまざま取り揃えています。

しかし、すでに医薬品を服用されている場合は特に、かかりつけ医や薬剤師さんに相談した上でそれらを摂取していただきたいと考えております。

「これ大丈夫かな?」と半信半疑で健康食品を摂り続けるより、安心の上で普段の食生活へ取り入れていただいた方が、きっと効果も上がるのではないでしょうか?

こういうのって、たしかプラシーボ効果っていうんですよね。

健康食品を選ぶ目を鍛えましょう!

早速ですが、一つ実践形式で健康食品選びをしてみませんか?

お題は「モリンガ」です。

すこやか長寿にも、このモリンガを配合した健康食品がいくつかあります。

再三ご紹介させていただいているシリカ青にもモリンガが含まれていますし、LPSサプリにもモリンガが配合されています。

モリンガとは何か、どんな場合に効果があるのか、また使用上の注意点は? など、ご自身で調べていただきながら健康食品を選ぶ目を鍛えてみていただければと思います。

答え合わせはまた別の回、モリンガのご紹介として改めて投稿させていただきます。

Twitterをフォローしよう

おすすめの記事