アメリカの健康雑誌で発表した世界五大健康食品

皆さんこんにちは。すこやか長寿担当の小松です。
皆さんは「世界五大健康食品」というものをご存
知でしょうか?

アメリカの健康雑誌が発表した物で
その内容はこの通りです! 

  • ①スペイン「オリーブオイル」
  • ②ギリシャ「ヨーグルト」
  • ③インド「レンズ豆」
  • ④韓国「キムチ」
  • ⑤日本「大豆製品(納豆・味噌・豆腐など)」

・・・恥ずかしながら初めて知りました!
これらの食材の特徴ですが、

 

「オリーブオイル」

アンチエイジング等の「健康系オイル」として
日本でもここ10年の間に広く認知されていますね。

 

「ヨーグルト」

こちらもオイル同様、近年日本でも広まっています。
通常のヨーグルトより硬めで「ギリシャ・ヨーグルト」
としてコンビニなどでも売られるようになりました。

乳酸菌に加えて高たんぱく・低脂肪なのがポイントです。

 

「レンズ豆」

先の二つに比べると日本ではまだ認知度は低いかもしれ
ません。鉄分を多く含んでいて、貧血や高血圧などの
サポートになります。

 

「キムチ」

乳酸菌や発汗作用などは広く知られおり、日本のメーカー
からは「乳酸菌強化タイプ」なども開発・販売されています。

 

大豆製品」

納豆・味噌・豆腐など、大豆の持つ良質なたんぱく質や
低カロリー、抗酸化作用、更には発酵食品が多いので
キムチ同様乳酸菌もあります。

・・・と、この様に見てみるとあることに気が付きます。

 

まずは5つの内「アジア」の食品が多く、特に「日本」
は一つに限定されず、唯一様々な料理・食材として評価
されています。それだけ、日本古来の食事は健康の理に
かなっているという事なのかもしれません。

 

もちろんこれらの他にも「各国で伝統的に食べられ
ている食事」には、健康のために効果が高いものが
多そうです。「昔から食べ続けられている」という
所がポイントになるのかもしれません。

Twitterをフォローしよう

おすすめの記事