納豆パワーで夜が元気になる秘密は? ビタミンKは粒納豆の1.5倍

皆さんこんにちは!

酒のいしかわの小松です!

突然ですが、朝ごはんの定番と言えばなんでしょうか?

…そう!「納豆」です! 

納豆パワーで毎日が元気に

納豆は古来より、我々日本人の朝の定番として
その座に君臨してきましたが、近年ではそのパワーが注目され
スーパーフードとしても知られることになりました。
そこで改めて身近な納豆の凄さや秘密に触れてみたいと思います。

 

まず最初に、納豆とひと口に言ってもスーパーなど
では様々な種類が販売されています。
常は味わいや好みで選ばれていると思いますが
実は栄養価に違いがあるため、その面から選ぶのも面白いと思います!

 

(例)

■ひきわり納豆

皮を取り除いて細かく砕いてから発酵させるため

粒納豆より納豆菌が付着する面積が多くなり、旨味が多くなります。

また、ビタミンKは粒納豆の1.5倍ほど含まれています。

 

■粒納豆

粒の大きさが様々ありますが、共通しているのは

「大豆の皮がついたまま発酵」させるので食物繊維が多く

ひきわり納豆の製造過程で溶けだしてしまうミネラル類も多く含んでいます。

また総じて納豆は乳酸菌を多く含んでいるので

お腹の調子を整えたいときにもお勧めです。

 

そしてもう一つ!意外と知られていないのが
「納豆はいつ食べるべきか!?」という事です。

冒頭では「朝食の定番」と書きましたが

本当に朝食時が良いのか???

だって昔からそうだもん!!

 

答えはこうです!

 

実は!

納豆は!!

なんと!!!

 

実は「夜食べる方が良い」のです!!

 

えーーー!ってなりますよね(笑)

 

……ですが、そこには納得の理由があるのです!

 

納豆には【ナットウキナーゼ】という成分が含まれており

血液をサラサラにしてくれる優秀な成分なのですが

およそ1012時間働き続けてくれます。

つまり夜寝ている間は、水分を取ることが無いので

血液がドロドロになりやすい時間帯となります。

 

そこで夜に納豆を食べれば朝まで

血液がサラサラになりやすく、また血栓が一番出来やすい時間帯の

リスクを減らす事につながるのです!

 

これからはみんなで「夜納豆」しましょう!(笑)

※もちろん朝食べてもOKです!

Twitterをフォローしよう

おすすめの記事