明けましておめでとうございます!

あけまして、おめでとうございます!

 

大晦日にチキンを買って年越しを迎えた小松です!

 

 

 

平成から令和になった一年間、世間的にも色々な事がございましたが

皆様の一年間はどのようなものだったでしょうか!

 

 

令和が始まったばかりのこの時代、すこやか長寿も

皆様と一緒に駆け抜けていきたいです!

 

さてさて、そんな新しい年の始めふさわしい記事のテーマは…

 

ずばり、ダイエット!!

 

ダイエットってとても大変ですよね…

食事制限や運動などのトレーニングなど、様々な方法はありますが、

正直どれも続かなかったり、なかなかうまくいきません(汗)

 

 

そんな中、弊社のスタッフさんがある方法で大成功したのです!

なんと…一ヶ月でマイナス7キロです!!!

 

 

これは是非コツを聞いてこなければ…!

というわけで色々聞き込みしてきちゃいました!

 

まず始めにMCTオイルはご存知でしょうか?

 

ココナッツオイルはご存知の方は多いと思いますが、

今最も注目されているのがこのMCTオイルなのです!

ダイエットに最適という事で、大手メーカーも製品開発を行っていますが、

実際にどのような物でどのようにして使うのか?

 

実はMCTオイルは「ココナッツオイル」からできています!

MCTとはMedium Chain Triglyceride」(ミディアム チェーン トリグリセリド)の略で

日本では中鎖脂肪酸の事を指していて

ダイエットに良いオメガ3脂肪酸のみをココナッツオイルから

抽出するという更に進化したオイルなのです!

ただ、ここで注意したい事があります!

 

本来はココナッツオイルのみが良いのですが

中には「パーム(ヤシの実)」をブレンドしているものもあります。

決してダメではないのですが、やはりココナッツのみの方が純度が高く良い製品とされています。

 

主に糖質制限ダイエット(ケトジェニックダイエット)の時に使用する人が多いのですが

どのような事かと言うと、人間は、糖質がなくてもエネルギー不足にはなりません。

 

 

そこで「あえて糖が足りない状態をつくり、ケトン体回路を回す食べ方をしよう!」

これがケトジェニックダイエットの考え方ですが、もう少しわかりやすく書くと、

「ご飯等の炭水化物(糖質)をなくし、その分エネルギーになりやすいオイルを摂取することで効率的に体を動かし

脂肪が燃焼しやすい体質にしましょう」とのことです。

 

またMCTオイルの摂取方法ですが、最も有名なのは芸能人の方や海外セレブが飲んで有名になった

「バターコーヒー」ではないでしょうか?ご家庭ではコーヒーや紅茶に入れたり、

サラダにかけたり、スムージーに混ぜたりと様々な方法がお楽しみいただけ、

豆乳などにも混ぜると脂っこくなくなり、摂取しやすくなります。

 

…これなら私も続けられる!!!

 

ぜひMCTオイルを皆様の日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

Twitterをフォローしよう

おすすめの記事